ゲームミュージック

1980年代の音源および楽曲は音色・楽曲的な特徴とコンシューマー向けゲーム機が初めて一般家庭に普及したという時代背景が相まって、21世紀初頭現在でも一定の人気がある。高性能なゲームハードであえて意図的にこの頃の音色を用いることがあるほか、ゲームとは独立してこのような音色を使って観賞用の音楽を制作するチップチューンというムーブメントにもそれが表れている。

これらはまた、この時代のコンピュータが主に8ビット処理系であったことから「8ビット音源」「8ビット音楽」などと呼ばれることがある。さらにもっとも普及し知名度が高いハードウェアが任天堂ファミリーコンピュータであったことから「ファミコン音源」「ファミコン音楽」などとも俗称される。

この頃は音源の表現の幅が狭く、プログラム容量も少ない状況で楽曲や効果音を作らなければならなかった為、分かりやすく短い旋律で作られた物が多い。それらはゲームセンターなど高域の雑音が大量に発生する環境でも聴き取りやすく覚えやすい音構成でもあった。そのため、この頃のゲームミュージックのメロディを今でもはっきり覚えているという人は多い。




海外FX ブックメーカー オンラインカジノ ネッテラー


Copyright © vgmstream.com All Rights Reserved.